有機化学第一研究室・天然物ケミカルバイオロジー分野

Presentations

2024

  • ◯Liu, R., Mino, K., Idei, A., Yoshida, M., Ueda, M., Takaoka, Y., Discovery of small-molecule inhibitors for Jasmonate-related major transcription factor MYC, The 3rd International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2024) April 24-26, 2024, Toyoda Auditorium, Nagoya University, Nagoya, Aichi, Japan.(ポスター発表)
  • ◯Takaoka, Y., Liu, R., Ueda, M., Chemical redesign of an intrinsically disordered region for selective regulation of jasmonate-related transcription factors in plants, The 3rd International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2024) April 24-26, 2024, Toyoda Auditorium, Nagoya University, Nagoya, Aichi, Japan. (ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、上田 実 天然変性領域のケミカルリデザインによるジャスモン酸関連転写因子MYCファミリー選択的阻害剤の開発 日本農芸化学会2024年度大会 2024年3月24-27日 東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区)(口頭発表)
  • ◯奥村太知、齊藤里菜、加治拓哉、安部 洋、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンによる植物アルカロイド生産活性化 日本農芸化学会2024年度大会 2024年3月24-27日 東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区)(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、上田 実 天然変性領域のケミカルリデザインによる植物ホルモン関連転写因子の選択的阻害剤の開発 日本化学会第104春季年会 2024年3月18-21日 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)(口頭発表)
  • ◯加治拓哉、西里祐宇保、齊藤里菜、Federica Brunoni、Jitka Široká、Miroslav Strnad、Ondřej Novák、上田 実 cis-OPDA-アミノ酸縮合体の合成と機能解析 日本化学会第104春季年会 2024年3月18-21日 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)(口頭発表)
  • ◯劉 瑞琦、李 奇、三野光識、出井晶子、吉田 稔、上田 実、高岡洋輔 ジャスモン酸主要転写因子MYCに対する低分子阻害剤の探索と植物ホルモン間クロストークの人工制御 日本化学会第104春季年会 2024年3月18-21日 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)(口頭発表)
  • ◯野澤 慧、加治拓哉、吉松幸徳、西里祐宇保、Andrea Chini、Roberto Solano、上田 実 植物ホルモンの構造進化の鍵を握る異性化反応 日本化学会第104春季年会 2024年3月18-21日 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)(口頭発表)
  • ◯三井麻里有、奥村太知、北島 紬、加治拓哉、林 謙吾、稲垣秀生、宮本皓司、岡田憲典、上田 実 イネのジャスモン酸受容体サブタイプ選択的な合成リガンドの開発 日本化学会第104春季年会 2024年3月18-21日 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)(口頭発表)
  • ◯森川真以、齊藤里菜、武藤俊哉、齋藤爽香、加治拓哉、上田 実 植物ホルモン ジャスモン酸イソロイシンの代謝を担うトマトCYP94酵素の同定 日本化学会第104春季年会 2024年3月18-21日 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)(口頭発表)

2023

  • ◯西里祐宇保、齊藤里菜、Federica Brunoni、Jitka Široká、Miroslav Strnad、Ondřej Novák、加治拓哉、上田 実 cis-OPDA-アミノ酸縮合体の合成と機能 日本農芸化学会東北支部第158回大会 2023年12月2日 東北大学青葉山コモンズ(口頭発表)
  • ◯三井麻里有、奥村太知、北島 紬、加治拓哉、林 謙吾、稲垣秀生、宮本皓司、岡田憲典、上田 実 イネのジャスモン酸受容体サブタイプ選択的リガンドの探索 日本農芸化学会東北支部第158回大会 2023年12月2日 東北大学青葉山コモンズ(口頭発表)
  • ◯森川真以、齊藤里菜、武藤俊哉、齋藤爽香、加治拓哉、上田 実 トマト葉における植物ホルモンジャスモン酸イソロイシン代謝酵素の探索 日本農芸化学会東北支部第158回大会 2023年12月2日 東北大学青葉山コモンズ(口頭発表)
  • ◯加治拓哉、吉松幸徳、西里祐宇保、Andrea Chini、Roberto Solano、上田 実 ゼニゴケの始原植物ホルモンとホルモン進化の鍵を握る異性化反応  植物化学調節学会第58回大会 2023年11月17-19日 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)(ポスター発表)
  • ◯齊藤里菜、西里祐宇保、北島 紬、中山美涼、加藤信樹、高岡洋輔、吉松幸徳、上田 実 cis-OPDAの下流代謝物はJAシグナルと独立して機能する 植物化学調節学会第58回大会 2023年11月17-19日 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)(ポスター発表)
  • ◯劉 瑞琦、李 奇、三野光識、出井晶子、吉田 稔、上田 実、高岡洋輔 ジャスモン酸関連転写因子の活性化機構に基づく低分子阻害剤の探索 植物化学調節学会第58回大会 2023年11月17-19日 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)(ポスター発表)
  • ◯奥村太知、北島 紬、加治拓哉、浦野晴行、松本幸太郎、稲垣秀生、宮本皓司、岡田憲典、上田 実 イネのジャスモン酸受容体サブタイプのリガンド親和性における差異の解明 植物化学調節学会第58回大会 2023年11月17-19日 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)(ポスター発表)
  • ◯北島 紬、奥村太知、加治拓哉、三井麻里有、林 謙吾、浦野晴行、松本幸太郎、稲垣秀生、宮本皓司、岡田憲典、上田 実 コロナチン類縁体を用いたイネのジャスモン酸受容体サブタイプ選択的リガンドの探索 植物化学調節学会第58回大会 2023年11月17-19日 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)(ポスター発表)
  • ◯松本幸太郎、中山美涼、加治拓哉、奥村太知、星野隼治、Jianxin Wang、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモンJA-Ile共受容体は2種の異なるリガンド認識機構を持つ 植物化学調節学会第58回大会 2023年11月17-19日 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)(ポスター発表)
  • ◯Rina Saito, Toshiya Muto, Haruyuki Urano, Tsumugi Kitajima, Nobuki Kato, Eunsang Kwon, Minoru Ueda, (3R,7S)-12-Hydroxy-jasmonoyl-L-isoleucine is the genuine bioactive stereoisomer of a jasmonate metabolite in Arabidopsis thaliana, IUPAC-ISCNP31&ICOB11, October 15-19, 2023, Napoli, Italy.(ポスター発表)
  • ◯Taichi Okumura, Rina Saito, Takuya Kaji, Hiroshi Abe, Minoru Ueda, JA-Ile-lactone enhanced alkaloid biosynthesis in Tomato, IUPAC-ISCNP31&ICOB11, October 15-19, 2023, Napoli, Italy.(ポスター発表)
  • ◯加治拓哉、吉松幸徳、加藤信樹、櫻井春香、楊剛強、Guillermo H. Jimenez-Aleman、Roberto Solano、上田 実 ゼニゴケの始原植物ホルモンの同定とホルモン進化の鍵を握る異性化反応 第65回天然有機化合物討論会 2023年9月13-15日 東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)(口頭発表)
  • ◯松本幸太郎、中山美涼、加治拓哉、星野隼治、Jianxin Wang、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモンJA-Ile共受容体は2種の異なるリガンド認識機構をもつ 第65回天然有機化合物討論会 2023年9月13-15日 東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、上田 実 転写抑制因子のケミカルリデザインによる植物転写因子ネットワークの人工制御 第17回バイオ関連化学シンポジウム 2023年9月8-10日 東京理科大学野田キャンパス薬学部(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯劉 瑞琦、李 奇、三野光識、出井晶子、吉田 稔、上田 実、高岡洋輔 植物ホルモン関連転写因子に対する低分子阻害剤スクリーニング系の構築 第17回バイオ関連化学シンポジウム 2023年9月8-10日 東京理科大学野田キャンパス薬学部(千葉県野田市)(ポスター発表)
  • ◯加治拓哉、松本幸太郎、中山美涼、星野隼治、Jianxin Wang、高岡洋輔、上田 実 JAシグナル受容体によるリガンド認識モードの示差走査蛍光測定による検討 第17回バイオ関連化学シンポジウム 2023年9月8-10日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(ポスター発表)
  • ◯西里祐宇保、齊藤里菜、中山美涼、北島紬、上田 実 Bioactivity of downstream metabolism of cis-OPDA independent of canonical jasmonate signaling 令和5年度化学系学協会東北大会 2023年9月8-10日 東北大学青葉山コモンズ(ポスター発表)
  • ◯星川光瑠、小崎 航、浦野晴行、西里祐宇保、高岡洋輔、糠塚祐希、上田 実 In planta activity evaluation of jasmonate receptor subtype-specific ligands by GFP-reporter system 令和5年度化学系学協会東北大会 2023年9月8-10日 東北大学青葉山コモンズ(ポスター発表)
  • ◯武藤俊哉、齊藤里菜、齋藤爽香、森川真以、加治拓哉、上田 実 Exploration of tomato cytochrome P450s, jasmonoyl-L-isoleucine metabolizing enzymes, using yeast-based expression and activity evaluation system 令和5年度化学系学協会東北大会 2023年9月8-10日 東北大学青葉山コモンズ(ポスター発表)
  • ◯吉松幸徳、加治拓哉、Andrea Chini、Wenting Liang、野澤 慧、西里祐宇保、Roberto Solano、上田 実 Synthesis and identification of Δ4-dinor-iso-OPDA as a novel ancestral jasmonate in Marchantia polymorpha 令和5年度化学系学協会東北大会 2023年9月8-10日 東北大学青葉山コモンズ(ポスター発表)
  • ◯Yousuke Takaoka, Ruiqi Liu, Qi Li, Minoru Ueda, Development of peptide-based chemical tools for selective inhibition of Jasmonate-related transcription factors, The 24th International Conference on Plant Growth Substances, July 4-8, 2023, HICO, Gyeongju, Korea.(口頭発表)
  • ◯Rina Saito, Toshiya Muto, Haruyuki Urano, Tsumugi Kitajima, Nobuki Kato, Eunsang Kwon, Minoru Ueda, (3R,7S)-12-Hydroxy-jasmonoyl-L-isoleucine is the genuine bioactive stereoisomer of a jasmonate metabolite in Arabidopsis thaliana, The 24th International Conference on Plant Growth Substances, July 4-8, 2023, HICO, Gyeongju, Korea.(ポスター発表)
  • ◯Kotaro Matsumoto, Misuzu Nakayama, Takuya Kaji, Shunji Hoshino, Yousuke Takaoka, Minoru Ueda, The plant hormone JA-Ile receptor system has two distinct modes for ligand perception, The 24th International Conference on Plant Growth Substances, July 4-8, 2023, HICO, Gyeongju, Korea.(ポスター発表)
  • ◯Tsumugi Kitajima, Taichi Okumura, Takuya Kaji, Maria Mitsui, Kengo Hayashi, Haruyuki Urano, Kotaro Matsumoto, Hideo Inagaki, Koji Miyamoto, Kazunori Okada, Minoru Ueda, The difference in ligand affinity among redundant plant hormone receptors and effect of ligand stereochemistry on selective protein-protein interaction in rice, The 24th International Conference on Plant Growth Substances, July 4-8, 2023, HICO, Gyeongju, Korea.(ポスター発表)
  • ◯Yuki Muraoka, Gangqiang Yang, Shintaro Munemasa, Yusuke Takeuchi, Yasuhiro Ishimaru, Yoshiyuki Murata, Nobuyuki Uozumi, Minoru Ueda, An outward-rectifying K+ channel SPORK2 from Samanea saman exhibits temperature-sensitive ion transport activity, 6th International Symposium on Plant Signaling and Behavior, June 18-22, 2023, Seattle, WA USA.(口頭発表)
  • ◯劉 瑞琦、李 奇、上田 実、高岡洋輔 ジャスモン酸応答に関わる天然変性ドメイン構造固定による標的選択性改変 日本ケミカルバイオロジー学会 第17回年会 2023年5月29-31日 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子の植物体内における選択的化学制御 日本ケミカルバイオロジー学会 第17回年会 2023年5月29-31日 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)(ポスター発表)
  • ◯北島 紬、奥村太知、林 謙吾、加治拓哉、浦野晴行、松本幸太郎、稲垣秀生、宮本皓司、岡田憲典、上田 実 コロナチン類縁体を用いたイネのジャスモン酸受容体OsCOI2選択的リガンドの開発 日本ケミカルバイオロジー学会 第17回年会 2023年5月29-31日 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)(ポスター発表)
  • ◯奥村太知、齊藤里菜、加治拓哉、安部 洋、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンによる植物アルカロイド生産活性化 日本ケミカルバイオロジー学会 第17回年会 2023年5月29-31日 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)(ポスター発表)
  • ◯松本幸太郎、中山美涼、星野隼治、Jianxin Wang、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 JAシグナル受容体における二段階認識モデルの示差走査蛍光測定による検証 日本ケミカルバイオロジー学会 第17回年会 2023年5月29-31日 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)(ポスター発表)
  • ◯楊 剛強、上田 実 リソソーム標的抗増殖剤としてのユージストミンY誘導体の発見 日本ケミカルバイオロジー学会 第17回年会 2023年5月29-31日 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)(ポスター発表)
  • ◯楊 剛強、上田 実 p-糖タンパク質が介在する多薬耐性阻害薬としてのピキシノール誘導体の発見 日本薬学会第143年会 2023年3月25-28日 北海道大学(北海道札幌市)(口頭発表)
  • ◯加治拓哉、吉松幸徳、加藤信樹、櫻井春香、Gangqiang Yang、Guillermo H. Jimenez-Aleman、Roberto Solano、上田 実 ゼニゴケの新規始原jasmonate, Δ4-dinor-OPDAの合成・同定 日本化学会第103春季年会 2023年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、上田 実 ペプチド型ケミカルツールによるジャスモン酸とエチレン間クロストークの化学制御 日本化学会第103春季年会 2023年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯齊藤里菜、加治拓哉、奥村太知、武藤俊哉、安部 洋、山神壮平、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンによる植物アルカロイド生産活性化 日本化学会第103春季年会 2023年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯吉松幸徳、加治拓哉、Gangqiang Yang、加藤信樹、Guillermo H. Jimenez-Aleman、Roberto Solano、上田 実 Δ4-dinor-iso-OPDAの合成と受容体親和性 日本化学会第103春季年会 2023年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯松本幸太郎、中山美涼、星野隼治、Jianxin Wang、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 ジャスモン酸類と共受容体の結合における二段階認識モデルの示差走査蛍光測定による検証 日本化学会第103春季年会 2023年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯北島紬、齊藤里菜、西里祐宇保、中山美涼、加藤信樹、高岡洋輔、吉松幸徳、上田 実 植物ホルモン生合成中間体cis-OPDAの生物活性とその活性本体 日本化学会第103春季年会 2023年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯村岡勇樹、Gangqiang Yang、宗正晋太郎、竹内優輔、石丸泰寛、村田芳行、魚住信之、上田 実 アメリカネムノキの就眠運動を制御するカリウムイオンチャネルSPORK2の温度依存的輸送活性 第64回日本植物生理学会年会 2023年3月10-17日 東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)(ポスター発表)
  • ◯加治拓哉、吉松幸徳、加藤信樹、櫻井春香、Gangqiang Yang、Guillermo H. Jimenez-Aleman、Roberto Solano、上田 実 ゼニゴケの新規始原jasmonate, Δ4-dinor-OPDAの合成・同定 第64回日本植物生理学会年会 2023年3月10-17日 東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、鈴木華穂、上田 実 ジャスモン酸シグナル伝達を化学制御するペプチド型ケミカルツールの開発 第64回日本植物生理学会年会 2023年3月10-17日 東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)(口頭発表)

2022

  • ◯高岡洋輔、劉 瑞琦、李 奇、鈴木華穂、上田 実 ペプチド型ケミカルツールによるジャスモン酸とエチレン間クロストークの化学制御 植物化学調節学会第57回大会 2022年11月25-27日 福井県立大学永平寺キャンパス(福井県吉田郡永平寺町)(ポスター発表)
  • ◯武藤俊哉、齊藤里菜、浦野晴行、北島 紬、加藤信樹、Kwon Eunsang、上田 実 12-OH-JA-L-Ileの天然型活性本体は(3R,7S)-12-OH-JA-L-Ileである 植物化学調節学会第57回大会 2022年11月25-27日 福井県立大学永平寺キャンパス(福井県吉田郡永平寺町)(ポスター発表)
  • ◯吉松幸徳、加治拓哉、加藤信樹、Guillermo H. Jimenez-Aleman、Roberto Solano、上田 実 ゼニゴケの真の未同定植物ホルモン Δ4-dinor-iso-OPDA 植物化学調節学会第57回大会 2022年11月25-27日 福井県立大学永平寺キャンパス(福井県吉田郡永平寺町)(ポスター発表)
  • ◯西里祐宇保、齊藤里菜、中山美涼、加藤信樹、北島 紬、高岡洋輔、吉松幸徳、上田 実 cis-OPDAの活性本体はそのOPR3非依存的代謝経路の生成物である 植物化学調節学会第57回大会 2022年11月25日-27日 福井県立大学永平寺キャンパス(福井県吉田郡永平寺町)(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、鈴木華穂、新美 輝、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子PPIネットワークの解析と制御 日本ケミカルバイオロジー学会 第16回年会 2022年5月30日-6月1日 富山国際会議場(富山県富山市)(ポスター発表)
  • ◯加治拓哉、吉松幸徳、櫻井春香、加藤信樹、Wang Jianxin、上田 実 始原植物ホルモン系を用いた植物ホルモンシグナル伝達の「人工的先祖返り」戦略 日本ケミカルバイオロジー学会 第16回年会 2022年5月30日-6月1日 富山国際会議場(富山県富山市)(ポスター発表)
  • ◯齊藤里菜、加治拓哉、安部 洋、山神壮平、高岡洋輔、上田 実 トマトのアルカロイド生合成を活性化する分子ジャスモン酸イソロイシンラクトン 日本ケミカルバイオロジー学会 第16回年会 2022年5月30日-6月1日 富山国際会議場(富山県富山市)(ポスター発表)
  • ◯中山美涼、齊藤里菜、林 謙吾、野本春菜、高岡洋輔、齋藤大明、山神壮平、武藤俊哉、上田 実 植物ホルモン-受容体相互作用に寄与する拡張デグロン配列の同定 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯星川光瑠、小崎 航、西里祐宇保、高岡洋輔、上田 実 JAZ-GFP発現植物の調整とジャスモン酸類縁体の活性評価系構築 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯西里祐宇保、加藤信樹、齊藤里菜、中山美涼、魯 欣、林 謙吾、上田 実 重水素標識化cis-OPDAの合成とシロイヌナズナにおけるジャスモン酸類の定量的生合成マッピング 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯齊藤里菜、中山美涼、加藤信樹、西里祐宇保、高岡洋輔、吉松幸徳、上田 実 植物ホルモンと独立に機能する生物活性物質cis-OPDA-Ile 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯武藤俊哉、齊藤里菜、加藤信樹、加治拓哉、上田 実 12-ヒドロキシ-(3R,7S)-ジャスモン酸イソロイシン異性体のCOI1-JAZ受容体親和性 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、鈴木華穂、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子が引き起こすタンパク質間相互作用の解析と制御 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯加藤信樹、魯 欣、上田 実 重水素標識C3シントンの効率的合成法の開発と応用 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯加治拓哉、櫻井春香、加藤信樹、Jianxin Wang、上田 実 始原植物ホルモンdn-iso-OPDAおよびゼニゴケCOI1受容体を用いたジャスモン酸認識の「人工的先祖返り」戦略 日本化学会第102春季年会 2022年3月23-26日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯林 謙吾、加藤信樹、野本春菜、中山美涼、Khurram Bashir、Andrea Chini、高橋聡史、齋藤大明、渡部 楽、高岡洋輔、田中真帆、永野 惇、関 原明、Roberto Solano、上田 実 コロナチン立体異性体フォーカスドライブラリーを用いたジャスモン酸受容体サブタイプ選択的リガンドの開発 日本農芸化学会2022年度大会 2022年3月15-18日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯星野隼治、Yang Gangqiang、村岡勇樹、石丸泰寛、上田 実 12-ヒドロキシジャスモン酸認識のグルコシドにより蓄積が誘導される活性化酸素種がアメリカネムノキの閉葉を誘導する 日本農芸化学会2022年度大会 2022年3月15-18日 オンライン開催(口頭発表)

2021

  • ◯Kengo Hayashi, Nobuki Kato, Raku Watanabe, Yousuke Takaoka, Haruna Nomoto, Misuzu Nakayama, Saki Miyagawa, Koji Miyamoto, Hideo Inagaki, Kazunori Okada, Takuya Kaji, Minoru Ueda Chemical tuning of target selectivity by using stereochemical library of a natural product coronatine Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Shunji Hoshino, Gangqiang Yang, Yuki Muraoka, Yasuhiro Ishimaru, Minoru Ueda Leaf-folding of monkey pod is induced by 12-Hydoroxyjasmonic acid glucoside through the production of reactive oxygen species Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Haruka Sakurai, Wang Jianxing, Nobuki Kato, Takuya Kaji, Minoru Ueda Syntheses of dinor-cis/iso-12-oxo-phytodienoic acid Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Misuzu Nakayama, Kengo Hayashi, Haruna Nomoto, Takuya Kaji, Yousuke Takaoka, Minoru Ueda Stereochemical library of a natural product coronatine: selective activation of bacterial defense by a subtype selective stereoisomer Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Haruna Nomoto, Kengo Hayashi, Saki Miyagawa, Misuzu Nakayama, Nobuki Kato, Takuya Kaji, Yousuke Takaoka, Minoru Ueda Stereochemical library of a natural product coronatine: Scalable synthesis of coronatine stereoisomers and receptor binding assay Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Rina Saito, Sohei Yamagami, Hiroshi Abe, Takuya Kaji, Yousuke Takaoka, Minoru Ueda JA-Ile-macrolactone, an artificial regulator of plant hormone response Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Yuki Muraoka, Yusuke Takeuchi, Shunya Saito, Yasuhiro Ishimaru, Nobuyuki Uozumi, Minoru Ueda Why is ‘monkey pod’ a ‘rain tree’? : temperature-dependent activation of ion channel Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (ポスター発表)
  • ◯Yousuke Takaoka, Kaho Suzuki, Minoru Ueda Peptide-based chemical tools for the functional analyses of jasmonate-related transcriptional factors in planta Pacifichem2021 2021年12月16-21日 オンライン開催 (口頭発表)
  • ◯中山美涼、齊藤里菜、林 謙吾、野本春菜、高岡洋輔、齋藤大明、山神壮平、武藤俊哉、上田 実 トマトにおける植物ホルモン−受容体相互作用に寄与する拡張デグロン配列の同定 植物化学調節学会第56回大会 2021年11月13-14日 オンライン開催
  • ◯齊藤里菜、 加治拓哉、 安部 洋、 山神壮平、 高岡洋輔、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンによるアルカロイド生産活性化 植物化学調節学会第56回大会 2021年11月13-14日 オンライン開催
  • ◯高岡洋輔 植物転写因子ネットワークの化学的調節への挑戦 第44回星薬科大学大学院研究科助手会・大学院自治会 合同公開セミナー 2021年11月13日 オンライン開催(口頭発表・招待講演)
  • ◯星野隼治、Yang Gangqiang、村岡勇樹、石丸泰寛、上田 実 12-ヒドロキシジャスモン酸グルコシドは活性酸素種の蓄積を介してアメリカネムノキの葉を閉じさせる 日本農芸化学会東北支部第156回大会 2021年10月9日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯野本春菜、林 謙吾、加藤信樹、中山美涼、渡部 楽、高岡洋輔、Andrea Chini、Roberto Solano、上田 実 コロナチン立体異性体ライブラリを用いるジャスモン酸受容体サブタイプ選択的リガンドの探索 日本農芸化学会東北支部第156回大会 2021年10月9日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯櫻井春香、Jianxin Wang、加藤信樹、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 始原植物ホルモンdn-cis/iso-OPDAの合成と「人工的先祖返り戦略」 日本農芸化学会東北支部第156回大会 2021年10月9日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔 Development of a stapled peptide-based inhibitor for Jasmonate-related transcription factors、日本化学会東北支部 令和3年度化学系学協会東北大会 2021年10月2日 オンライン開催(口頭発表・依頼講演)
  • ◯高岡洋輔 ジャスモン酸関連転写因子活性の化学制御 日本植物学会第85回大会 2021年9月20日 オンライン開催(口頭発表・招待講演)
  • ◯齊藤里菜、 加治拓哉、 安部 洋、 山神壮平、 高岡洋輔、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンによる植物アルカロイド生産活性化 第63回天然有機化合物討論会 2021年9月15-17日 大阪市中央公会堂(大阪府大阪市)(ポスター発表)
  • ◯中山美涼、齊藤里菜、林 謙吾、野本春菜、高岡洋輔、齋藤大明、山神壮平、武藤俊哉、上田 実 植物ホルモン−受容体相互作用に寄与する拡張デグロン配列の同定 第14回バイオ関連化学シンポジウム 2021年9月8-10日 オンライン開催(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、鈴木華穂、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子選択的なステープルペプチド阻害剤の開発 日本ケミカルバイオロジー学会 第15回年会 2021年6月21-23日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯林 謙吾、加藤信樹、野本春菜、中山美涼、齊藤里菜、渡部 楽、高岡洋輔、加治拓哉、Khurram Bashir、高橋聡史、田中真帆、関 原明、永野 惇、宮本皓司、岡田憲典、上田 実 コロナチン立体異性体ライブラリーを用いた植物ホルモン受容体サブタイプ選択的リガンドのスクリーニング 日本ケミカルバイオロジー学会 第15回年会 2021年6月21-23日 オンライン開催(ポスター発表)
  • ◯齊藤里菜、山神壮平、安部 洋、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンによるステロイドアルカロイド配糖体の生産活性化 第31回万有仙台シンポジウム 2021年5月15日 オンライン開催(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔 植物転写因子の化学制御 日本農芸化学会2021年度仙台大会 第28回フロンティアシンポジウム 2021年3月21日 オンライン開催(口頭発表・招待講演)
  • ◯櫻井春香、Jianxin Wang、加藤信樹、加治拓哉、上田 実 dinor-cis/iso-12-oxo-phytodienoic acidおよび代謝物の合成 日本化学会第101春季年会 2021年3月19-22日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯中山美涼、林 謙吾、加治拓哉、上田 実 コロナチン立体異性体による植物由来二次代謝産物生合成の選択的誘導 日本化学会第101春季年会 2021年3月19-22日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯野本春菜、林 謙吾、加藤信樹、加治拓哉、渡部 楽、高岡洋輔、上田 実 コロナチン立体異性体の合成と受容体サブタイプ選択的リガンドの作用機序解析 日本化学会第101春季年会 2021年3月19-22日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯林 謙吾、加藤信樹、野本春菜、中山美涼、加治拓哉、渡部 楽、齊藤里菜、高岡洋輔、宮本皓司、稲垣秀生、岡田憲典、上田 実 コロナチン立体異性体ライブラリースクリーニングによる植物ホルモン受容体サブタイプ選択的リガンドの開発 日本化学会第101春季年会 2021年3月19-22日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯齊藤里菜、加治拓哉、安部 洋、山神壮平、高岡洋輔、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンのトマトにおける生理活性評価 日本化学会第101春季年会 2021年3月19-22日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、鈴木華穂、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子選択的なステープルJAZペプチドの開発 日本化学会第101春季年会 2021年3月19-22日 オンライン開催(口頭発表)

2020

  • ◯加治拓哉、齋藤大明、林 謙吾、野本春菜、中山美涼、加藤信樹、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン受容体サブタイプ選択的リガンド開発を志向したコロナチンの立体異性体ライブラリー戦略 第48回構造活性相関シンポジウム 2020年12月10日 オンライン開催(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、鈴木華穂、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子選択的なペプチド型阻害剤の開発 日本農芸化学会東北支部 第155回大会 2020年11月7−8日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯林 謙吾、加藤信樹、渡部 楽、宮本皓司、稲垣秀生、岡田憲典、齊藤里菜、山神壮平、野本春菜、中山美涼、加治拓哉、上田 実 植物ホルモン受容体サブタイプ選択的リガンド開発を志向したコロナチンの立体異性体ライブラリー戦略 第30回記念万有福岡シンポジウム 2020年10月24日 オンライン開催(ポスター発表)
  • ◯林 謙吾、加藤信樹、渡部 楽、宮本皓司、稲垣秀生、岡田憲典、齊藤里菜、山神壮平、野本春菜、中山美涼、加治拓哉、上田 実 植物ホルモン受容体サブタイプ選択的リガンド開発を志向したコロナチンの立体異性体ライブラリー戦略 第31回万有仙台シンポジウム 2020年10月17日 オンライン開催(ポスター発表)
  • ◯林 謙吾、加藤信樹、渡部 楽、高岡洋輔、野本春菜、中山美涼、宮川咲季、宮本皓司、稲垣秀生、岡田憲典、加治拓哉、上田 実 コロナチンの立体異性体ライブラリースクリーニングによる植物ホルモン受容体サブタイプ選択的リガンドの開発 第62回天然有機化合物討論会 2020年9月22-24日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯村岡勇樹、竹内優輔、齋藤俊也、石丸泰寛、魚住信之、上田 実 植物の就眠運動を制御するカリウムイオンチャネルSPORK2の温度依存的輸送活性制御 第84回日本植物学会 2020年9月19-21日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、鈴木華穂、Ika Nurul Azizah、上田 実 ジャスモン酸関連転写因子を阻害するステープルJAZペプチドの合理的設計と植物個体内機能解析 第14回バイオ関連化学シンポジウム2020 2020年9月7−8日 オンライン開催(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔、岩橋万奈、Chini Andrea、齋藤大明、石丸泰寛、江越脩祐、加藤信樹、田中真帆、Bashir Khurram、関 原明、Roberto Solano、上田 実 植物ホルモン活性を切り分けるケミカルツールの創製 第61回日本植物生理学会年会 2020年3月30日 大阪大学吹田キャンパス(大阪府吹田市)(口頭発表)
  • ◯加藤信樹、倉田祥徳、石丸泰寛、上田 実 植物宿主特異的毒素AK-トキシンの作用機構解明を目指した誘導体ライブラリーの構築と活性評価 日本化学会第100春季年会 2020年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯野本春菜、宮川咲季、中山美涼、岩下 誠、加藤信樹、上田 実 光学活性(+)-コロナファシン酸の実用的合成法 日本化学会第100春季年会 2020年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯小崎航、糠塚祐希、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン共受容体COI1-JAZのサブタイプ特異的制御を可能にする反応性アンタゴニスト戦略 日本化学会第100春季年会 2020年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)
  • ◯齊藤里菜、山神壮平、大浦早紀、安倍 洋、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 ジャスモン酸イソロイシンラクトンの生理活性とCOI1-JAZ共受容体親和性評価 日本化学会第100春季年会 2020年3月22-25日 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(口頭発表)

2019

  • 齊藤里菜、◯大浦早紀、山神壮平、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 JA-Ile-lactoneは内因性生理活性物質か? 化学コミュニケーションのフロンティア 第4回若手シンポジウム 2019年12月10日 慶應義塾大学日吉キャンパス 藤原洋記念ホール(神奈川県横浜市)(口頭発表)
  • ◯Kengo Hayashi, Raku Watanabe, Nobuki Kato, Takuya Kaji, Minoru Ueda Tuning the target selectivity of Coronatine using stereochemical library strategy The Fourth A3 Roundtable Meeting on Asia Chemical Probe Research Hub, 2019年11月18-21日 TKP仙台(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯Yoshinori Kurata, Masaki Imai, Nobuki Kato, Yasuhiro Ishimaru, Minoru Ueda Development of a tool molecule for elucidating the pathological mechanism of host-selective toxin The Fourth A3 Roundtable Meeting on Asia Chemical Probe Research Hub, 2019年11月18-21日 TKP仙台(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯高岡洋輔 ジャスモン酸受容体のサブタイプ選択性を制御する化合物の創製研究 植物化学調節学会 第54回大会 2019年11月15-17日 とりぎん文化センター(鳥取県鳥取市)
  • ◯齊藤里菜、山神壮平、大浦早紀、安部 洋、加治拓哉、高岡洋輔、上田 実 JA-Ile-Lactoneの活性本体は12OH-JA-Ileか? 植物化学調節学会 第54回大会 2019年11月15-17日 とりぎん文化センター(鳥取県鳥取市)(ポスター発表)
  • ◯林 謙吾、渡部 楽、加藤信樹、加治拓哉、上田 実 コロナチン全立体異性体ライブラリーの構築とその受容体サブタイプ選択性の評価 第34回有機合成化学若手研究者の仙台セミナー 2019年11月9日 青葉サイエンスホール(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯倉田祥徳、今井真輝、加藤信樹、 石丸泰寛、 上田 実 植物宿主選択的毒素AK-toxinの誘導体化による宿主選択性の拡張 第61回天然有機化合物討論会 2019年9月11-13日 広島国際会議場(広島県広島市中区)(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔 植物細胞内タンパク質の相互作用を制御するケミカルツールの開発 日本薬学会東北支部主催 第18回化学系若手研究者セミナー 2019年9月7日 東北大学大学院薬学研究科 大講義室(仙台市青葉区)(招待講演)
  • ◯高岡洋輔、岩橋万奈、Andrea Chini、齋藤大明、石丸泰寛、加藤信樹、Roberto Solano、上田 実 植物ホルモン共受容体サブタイプ選択的アゴニストの開発と植物免疫制御 第13回バイオ関連化学シンポジウム 2019年9月4-6日 東北大学青葉山キャンパス工学部(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯宮川咲季、高岡洋輔、築地真也、上田実 蛍光プローブhoeAc2Flを用いる植物気孔開閉の簡便評価法 第13回バイオ関連化学シンポジウム 2019年9月4-6日 東北大学青葉山キャンパス工学部(宮城県仙台市青葉区)(ポスター発表)
  • ◯鈴木華穂、高岡洋輔、上田 実 植物細胞ホルモン応答性転写因子を阻害するStapled-JAZ-Peptideの開発 第13回バイオ関連化学シンポジウム 2019年9月4-6日 東北大学青葉山キャンパス工学部(宮城県仙台市青葉区)(ポスター発表)
  • ◯鈴木華穂、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン応答性転写因子を阻害するStapled-JAZ-Peptideの開発 第54回天然物化学談話会 2019年7月3-5日 定山渓温泉 鹿の湯(北海道札幌市南区)(ポスター発表)
  • ◯齊藤里菜、山神壮平、宮川咲季、加藤信樹、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 環状化植物ホルモンJA-Ile-lactone類の合成と活性評価 第54回天然物化学談話会 2019年7月3-5日 定山渓温泉 鹿の湯(北海道札幌市南区)(ポスター発表)
  • ◯小崎航、糠塚祐希、野本春菜、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン共受容体COI1-JAZのサブタイプ特異的制御を可能にする反応性アンタゴニスト戦略 第54回天然物化学談話会 2019年7月3-5日 定山渓温泉 鹿の湯(北海道札幌市南区)(ポスター発表)
  • ◯小崎 航、糠塚祐希、野本春菜、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン受容体サブタイプ選択的活性化を可能にする反応性アンタゴニスト 第30回万有仙台シンポジウム 2019年6月29日 仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区)(ポスター発表)
  • ◯倉田祥徳、今井真輝、 加藤信樹、 石丸泰寛、上田 実 植物宿主選択的毒素AK-トキシンの作用機序解明に向けたツール分子の開発 第30回万有仙台シンポジウム・ミニシンポジウム 2019年6月28日 東北大学青葉山キャンパス 青葉サイエンスホール(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯鈴木華穂、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン応答性転写因子を阻害するStapled-JAZ-Peptideの開発 日本ケミカルバイオロジー学会 第14回年会 2019年6月10-12日 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)(愛知県名古屋市)(ポスター発表)
  • ◯齊藤里菜、山神壮平、宮川咲季、加藤信樹、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 環状化植物ホルモンJA-Ile-lactone類の合成と活性評価 日本ケミカルバイオロジー学会 第14回年会 2019年6月10-12日 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)(愛知県名古屋市)(ポスター発表)
  • ◯小崎航、糠塚祐希、野本春菜、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン共受容体COI1-JAZのサブタイプ特異的制御を可能にする反応性アンタゴニスト戦略 日本ケミカルバイオロジー学会 第14回年会 2019年6月10-12日 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)(愛知県名古屋市)(ポスター発表)
  • ◯加藤信樹、上田 実 [4+1]環化付加反応を鍵反応とするヘルミントスポル酸の合成研究 第115回有機合成シンポジウム2019年【春】 2019年6月3-4日 東北大学青葉山コモンズ (口頭発表)
  • ◯渡部楽、加藤信樹、林謙吾、戸澤聖、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン様天然物コロナチン立体異性体ライブラリーの構築とその生物活性評価 第115回有機合成シンポジウム2019年【春】 2019年6月3-4日 東北大学青葉山コモンズ (ポスター発表)
  • ◯竹内優輔、石丸泰寛、及川貴也、浜本晋、魚住信之、上田 実 アメリカネムノキの就眠運動に関与するK+チャネルSPORK2の活性制御機構解析 日本農芸化学会2019年度大会 2019年3月24-27日 東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区)(口頭発表)
  • ◯齊藤里菜、山神壮平、宮川咲季、加藤信樹、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 環状化植物ホルモンJA-Ile-lactone類の合成とモデル植物における活性評価 日本化学会第99回春季年会 2019年3月16-19日 甲南大学理工学部 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区岡本)(口頭A講演)
  • ◯鈴木華穂、金山大輝、高岡洋輔、上田 実 植物ホルモン応答性転写因子を阻害するステープルペプチドの開発 日本化学会第99回春季年会 2019年3月16-19日 甲南大学理工学部 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区岡本)(口頭A講演)
  • ◯小崎航、高岡洋輔、加藤信樹、上田 実 FRET検出系を用いたジベレリン受容体へのリガンド結合評価系の構築 日本化学会第99回春季年会 2019年3月16-19日 甲南大学理工学部 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区岡本)(口頭A講演)
  • ◯宮川咲季、林謙吾、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 植物病原菌感染因子コロナチンの作用機構解明を目指した分子ツール開発 日本化学会第99回春季年会 2019年3月16-19日 甲南大学理工学部 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区岡本)(口頭A講演)
  • ◯渡部楽、林謙吾、加藤信樹、上田 実 コロナチン全立体異性体ライブラリーの実用的合成法の開発 日本化学会第99回春季年会 2019年3月16-19日 甲南大学理工学部 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区岡本)(口頭A講演)
  • ◯加藤信樹、上田 実 [4+1]環化付加反応を鍵反応とするジベレリンミミック天然物ヘルミントスポル酸の合成研究 日本化学会第99回春季年会 2019年3月16-19日 甲南大学理工学部 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区岡本)(口頭A講演)
  • ◯Saki Oura, Yasuhiro Ishimaru, Yosuke Takaoka, Minoru Ueda JA-Ile-Macrolactone: a new chemical tool for plant defense responses  新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム 2019年1月9日-10日  一橋大学一橋講堂 (ポスター発表)

2018

  • ◯Saki Miyagawa, Kengo Hayashi, Yasuhiro Ishimaru, Yosuke Takaoka, Minoru Ueda  Development of chemical probe based on the plant virulence factor coronatine The 3rd A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub  2018年10月31日-11月3日 Jeju, Korea (ポスター発表)
  • ◯石丸泰寛  植物の膜輸送体に関する研究 日本農芸化学会東北支部第153回大会 2018年9月22日- 23日 東北大学青葉山新キャンパス青葉山コモンズ (宮城県仙台市青葉区)(受賞者講演)
  • ◯高岡洋輔  ケミカルツールによるタンパク質相互作用の検出と制御 第19回若手NMR研究会 2018年8月6日 グリーンピアせとうち (広島県安浦市)(招待講演)
  • ◯Saki Miyagawa, Kengo Hayashi, Yasuhiro Ishimaru, Yosuke Takaoka, Minoru Ueda  Chemical probe approach to plant immunity in stomata  第2回A3若手ミーティング 2018年7月20日 東北大学青葉サイエンスホール(宮城県仙台市)
  • ◯Katrin Berezniak, Saki Miyagawa, Raku Watanabe, Yasuhiro Ishimaru, Yousuke Takaoka, Minoru Ueda Synthesis and biological evaluation of cyclized plant hormone, a potential uncoupler of the plant growth-defense tradeoff 日本ケミカルバイオロジー学会 第13回年会 2018年6月11-13日 東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)(ポスター発表)
  • ◯宮川咲季、林 謙吾、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 植物病原菌感染因子コロナチンの作用機序解明に向けた分子プローブ開発 日本ケミカルバイオロジー学会 第13回年会 2018年6月11-13日 東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、南雲恵奈、Ika Nurul Azizah、岩橋万奈、加藤信樹、上田実  ジャスモン酸共受容体リガンドの in vitroスクリーニング系の開発 日本ケミカルバイオロジー学会 第13回年会 2018年6月11-13日 東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)(ポスター発表)
  • ◯林 謙吾、渡部 楽、戸澤 聖、加藤信樹、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 Ligand point mutation: 植物ホルモン様天然物コロナチンの立体異性体を用いた標的選択性チューニング 第29回万有仙台シンポジウム 2018年6月9日 仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区)(ポスター発表)
  • ◯宮川咲季、林 謙吾、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 合成分子プローブによる植物病原菌感染因子コロナチンの標的探索 第29回万有仙台シンポジウム・ミニシンポジウム 2018年6月8日 東北大学片平キャンパス さくらホール(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯Yosuke Takaoka Development of Subtype-selective Agonist for Phytohormone Co-receptor  The 2nd International Symposium on Chemical Communication 2018年5月28-29日(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯林謙吾 植物病原菌感染因子コロナチンの新規作用機構に関するケミカルバイオロジー研究
  • Asian Chemical Probe Research Hub Symposium  天然物有機化学・天然物合成とケミカルバイオロジー2018年2月13日 東北大学青葉サイエンスホール(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯Yousuke Takaoka Development of Subtype Selective Agonist for Jasmonate co-receptor 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(招待講演)
  • ◯糠塚祐希、高岡洋輔、大浦早紀、上田 実 Reactive group-embedded reagent for efficient receptor protein labeling 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(口頭B講演)
  • ◯南雲恵奈、高岡洋輔、岩橋万奈、Ika Nurul Azizah、加藤信樹、上田 実 蛍光異方性による植物ホルモン共受容体アゴニスト・アンタゴニストの定量的親和性評価 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23 日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(口頭A講演)
  • ◯林 謙吾、江越脩介、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 植物病原菌感染因子コロナチンの植物普遍的な作用機構の解析 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(口頭A講演)
  • ◯宮川咲季、林 謙吾、高岡洋輔、上田 実 植物病原菌感染因子コロナチンの標的タンパク質同定を目指した分子プローブの開発 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(口頭A講演)
  • ◯戸澤 聖、石丸泰寛、渡部 楽、南雲恵奈、岩橋万奈、加藤信樹、高岡洋輔、上田 実 コロナチン全立体異性体の植物ホルモン共受容体親和性評価と新規活性物質の創製 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(口頭A講演)
  • ◯渡部楽、加藤信樹、戸澤聖、上田実 植物ホルモン様天然物コロナチン立体異性体ライブラリーの拡張 日本化学会第98春季年会 2018年3月20-23日 日本大学理工学部 船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)(口頭A講演)
  • ◯石丸泰寛、及川貴也、竹内優輔、清水崇史、瀬尾光範、上田実 多機能輸送体NPF2.10の基質選択制御に関する研究 日本農芸化学会2018年度大会 2018年3月15-18日 名城大学天白キャンパス(愛知県名古屋市)(口頭発表)
  • ◯竹内優輔、及川貴也、鷲山研人、石丸泰寛、上田実 アニオンチャネルの部位特異的発現と覚醒物質の局在がアメリカネムノキの葉を開く運動に関与する 日本農芸化学会2018年度大会 2018年3月15-18日 名城大学天白キャンパス(愛知県名古屋市)(口頭発表)

2017

  • ◯Yousuke Takaoka, Mana Iwahashi, Hiroaki Saito, Yasuhiro Ishimaru, Syusuke Egoshi, Nobuki Kato, Minoru Ueda Development of subtype selective agonist for jasmonate co-receptor The 2nd International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC) 2017 2017年12月14-16日 京都大学宇治キャンパス黄檗ホール(京都府宇治市五ケ庄)(ポスター発表)
  • ◯糠塚祐希、高岡洋輔、上田 実 Reactive group-embedded reagent for efficient intracellular protein labeling The 7th Junior International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia 2017年10月31日-11月1日 蘭州大学(中国甘粛省蘭州市)(口頭発表)
  • ◯加藤信樹、高岡洋輔、戸澤 聖、林 謙吾、南雲恵奈、渡部 楽、上田 実 コロナチン立体異性体ライブラリーと蛍光異方性による受容体結合評価 第59回天然有機化合物討論会 2017年9月20日 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)(北海道札幌市中央区)(ポスター発表)
  • ◯林 謙吾、江越脩介、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 Chemical biology of plant-microbe interaction: ER-mediated mode-of-action of bacterial infection factor coronatine 平成29年度化学系学協会東北大会 2017年9月16-17日 岩手大学理工学部(岩手県盛岡市)(ポスター発表)
  • ◯南雲恵奈、高岡洋輔、岩橋万奈、上田 実 In vitro screening of PPI agonist of jasmonate co-receptor based on fluorescence anisotropy 平成29年度化学系学協会東北大会 2017年9月16-17日 岩手大学理工学部(岩手県盛岡市)(ポスター発表)
  • ◯戸澤 聖、加藤信樹、渡部 楽、林 謙吾、上田 実 Focused stereochemical library of a plant hormone mimicking natural product, (+)-Coronatine 平成29年度化学系学協会東北大会 2017年9月16-17日 岩手大学理工学部(岩手県盛岡市)(ポスター発表)
  • ◯糠塚祐希、高岡洋輔、上田 実 Reactive group-embedded reagent for efficient intracellular protein labeling  A3アジア化学プローブ研究拠点事業若手研究者ミーティング 2017年7月12日 東北大学青葉サイエンスホール(宮城県仙台市青葉区)(口頭発表)
  • ◯糠塚祐希、高岡洋輔、上田 実 反応基組み込み型天然物リガンドによる生細胞内タンパク質の効率的ラベル化 第28回万有仙台シンポジウム 2017年6月24日 仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区)(ポスター発表)
  • ◯林 謙吾、岩下利基、江越脩祐、石丸泰寛、高岡洋輔、上田 実 植物毒素コロナチンの気孔再開口活性標的の探索に向けた分子プローブの開発 日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会 2017年6月7-9日 北海道大学クラーク会館(北海道札幌市北区)(ポスター発表)
  • ◯高岡洋輔、岩橋万奈、齋藤大明、江越脩祐、林 謙吾、加藤信樹、石丸泰寛、A. Chini、R. Solano、上田 実 植物ホルモン受容体のサブタイプ選択的アゴニストによる植物免疫制御 日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会 2017年6月7-9日 北海道大学クラーク会館(北海道札幌市北区)(口頭発表)
  • ◯糠塚祐希、高岡洋輔、上田 実 反応基組み込み型天然物リガンドによる生細胞内タンパク質の効率的ラベル化 日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会 2017年6月7-9日 北海道大学クラーク会館(北海道札幌市北区)(ポスター発表)
Copyright © Ueda Lab
トップへ戻るボタン